WiMAXとテザリングを比較すると

WiMAXとテザリングを比べると

 

無線LANサービスと言えばWiMAXなどのモバイルルーターが一般的でしたが、今ではテザリングも登場しています。

 

テザリングは単体そのものでもインターネットにアクセスする事が出来るのですが、他の端末のインターネット接続をも手助けする事が出来ますので、その点はWiMAXのモバイルルーターよりも優れている点といわざるを得ないでしょう。

 

スマートフォンからテザリングする際には、スマートフォンさえあれば良いのです。さらにはスマートフォンからもインターネットを楽しむ事が出来るのですから、一石二鳥ですよね。これだけ見ると「テザリングの方が優れている」と感じる人もいるでしょうが、話はそこまで単純なものではありません。

 

テザリングはスマートフォンの電池消費がかなり激しくなります。ただでさえ電池の消耗が激しいのがスマートフォンですが、テザリングしている時の電池消耗はとても激しいものがありますので、テザリングメインでスマートフォンを用いると大変な事になります。

 

あるに越した事はない機能ですが、あまりにも電池消耗が激しいため、スマートフォンでテザリングしている人はあまりいないとも言われていますね。

 

さらにLTE端末の場合、通信制限が設けられていますが、これはテザリングでも同様です。しかもテザリングの場合「合算」になります。スマートフォンそのものの通信はもちろん、テザリングした端末の通信量も加算されてしまいますので、あっという間に7GBを越えてしまったといった声も聞かれていますね。

 

その点WiMAXであれば無線通信に特化しているのですし、さらには通信制限もありません。あるに越した事はないでしょうが、テザリングメインとなるとWiMAXに軍配が上がるでしょう。もちろんこの点はどのようなインターネットライフを送るかによって異なってきますが、これらの特徴は最低限把握しておくべきでしょうね。

 

ましてやテザリングは有料のところもありますし。